浪江町フラワープロジェクト

丁寧に、大切に。
花を育むように、
ひとも育む浪江町です。

震災から2年が経過した2013.3.31に避難区域が再編されました。町内の立ち入りが制限されているなか、川村博さんがいち早く農業を始めました。

電気や水道といったインフラも回復していない、除染も始まっていない町内で、井戸を掘り、荒れ果てた農地を開墾し、作物の実証栽培を始めました。
放射性物質が作物から検出されたこともあり、風評の少ない花の栽培にも着手しました。
2015.9月の関東・東北豪雨では、農地が水没し、数百羽の鶏が全滅するという出来事にも見舞われてしまいました。
そんな中、素人から始めた花き栽培でしたが、2017年にはフラワーオークションジャパンオブ・ザ・イヤーの優秀賞を受賞するまでになりました。

その川村さんとともに、震災前に花き栽培をしていた小野田さん、荒川さん、非農家だった鈴木さん、菅野さんらが浪江町花卉研究会に参加し、花き・花木の高品質栽培に取り組んでいます。
また、川村賢治さん、高田さん、渡瀬さんなど若い世代の花農家さん、さらには恒栄電設さんなど、企業からの新規就農も増えています。

コンテンツ Contents